雄伸興業 床はがし・研磨専門で北陸一番の施工実績。それが私たちの技術力と信頼の証
  • TOPTOP
  • 業務内容業務内容
  • 事業概要事業概要
  • 施工例施工例
  • お問い合わせお問い合わせ
  • Yu-shin.co.ltd


業務内容

床はがしとは


はがし施工の目的

床はがし施工は、貼り付けてある床材を”撤去する”ことが目的の作業ではありません。
床貼りの仕上がりとの密接な関係を理解し、職人の皆様が”施工しやすいように、綺麗に迅速に下地の調整を行うこと”が目的です。雄伸興業は、過去数十年分の床製品数百~数千種類にも及ぶ、床材の性質や、接着剤の組み合わせに対応できる”専門的な知識と技術”に加え、経年劣化による材質の変化を理解することで、現場の工程にあわせて適切な作業を行っています。雄伸興業は、剥がし施工の工程ごとに自社独自の専用設備の改良や、作業の技術力向上に努めており、職人の皆様から高い評価をうけています。
 

床材の系統

Pタイル、コンポジションビニール床タイル(硬質・半硬質)、ラミネート/ホモジニアス ビニール床タイル、塗り床(各種)、導電性シート、アームストロング、インレイドシート、長尺塩ビシート、硬質長尺シート、クッションフロア、絨毯、人工芝、フローリング、ゴム系(合成・天然)、リノリウム、防水シート(ロンプルーフ他)、特殊防滑シート、耐傷性シート、高弾性・衝撃吸収シート、その他

床はがしイメージ

接着剤・ノリの系統

アスファルト系黒糊、エポキシ樹脂系、ウレタン樹脂系、ゴム系ラテックス、アクリル樹脂系エマルション、
ビニル共重合樹脂系、その他

経年劣化について

床材や接着剤は、床が張られている場所の湿度や年間の温度変化にもよりますが、接着から時間が増すほど、硬質化してゆく傾向が見られます。このような硬質化に至った床材や接着剤は、手作業はもちろん専用機械でも剥がすことが困難になります。そのため床を剥がすと言うより、より強力に、床材と接着剤を一緒に削り取る作業になります。一見簡単に剥がれるからといって、先に表面の床材だけをメクってしまうと、硬質化した接着剤が全く剥がせなくなる恐れがあります。雄伸興業では、施工から時間の経過している現場や、学校、公共施設、病院などの施工を請け負う場合には、必ず最初に現場の現状確認をさせていただいております。